FC2ブログ

気がつくと

 三月になっていました。
 不思議な事です。
 またしても時間を跳躍してしまったようですよ。
 おかしいな。

 今回の時間跳躍の原因は、ニーアです。
 まさかね。
 いや、やられましたよ。
 一週目のプレイで、「ん? シナリオが良いって聞いていたけど、正直大したことないな。うん、いや面白いけどね?」って感じだったのが、二週目、「え・・・え・・・・・・。うそ・・・。うそだろ・・・・・・。そんな・・・そんな・・・・・・」ってもうね。コントローラーを落としそうになりましたよ。
 辛うじて持ったまま、でも戦いたくない。
 ホントに、マモノと戦うのがつらくてつらくて仕方ありませんでした。

 クリアして、Bエンド見て、その次からは普通に自分の中で合理化して(「これはゲーム。ゲーム。惑わされるな。これはゲーム」)、イベントなんか目を腐らせてスキップして、ひたすらCエンドを繰り返し見ました。

 というのも、ダウンロードコンテンツをHARDモードでクリアしようと思ったらこれが異常なまでにきつくて、どうにかレベルを上げようと思ってですね、周回した方が効率いいんじゃないかと。それで何回もCエンドを見たわけです。


 そう。
 DLCね。
 ゲシュタルトでやると、DLCダンジョンの中ではレプリカントニーア、つまり青年ニーアになるわけで。
 いやぁ。
 青年ニーアがかっこいいのなんの。
 それにBGMが神すぎていくらやっていても飽きないものだから・・・。

 でもね。
 今はもう。
 データは無いんですよ。
 え? 何故って?
 それはまあ。わかりません?
 わからない場合は、是非、プレイしてみてください。

 バックアップなんて僕はとりませんでした。
 また最初からやるつもりもありましたしね。


 それでですね、神ゲー認定決定なニーアなわけですが、設定資料集とドラマCDも買いましたよ。
 今日届いて、設定資料集をちまちま読んでいます。

 本当に。
 ニーアの設定は素晴らしい。
 言ってしまえば、“滅び”の物語なわけですが、その滅びをこう演出するのかと。
 到底僕には浮かばないような切り口でございまして、そこにすっかりやられちゃった僕としては、「なんだよ。今のゲームだってすげーじゃん!」ってなってですね。ゲームに熱中しております。


 それで今となってはニーアはとりあえずお終いにして、ドラゴンズドグマをやっています。
 これが。
 これが。
 これがまた。
 面白すぎて。
 本当はここらへんでゲームに飽きようと思っていたのに。
 面白すぎて。
 面白すぎて。
 ゲームをしていて本当に冒険しているような気持ちになれたのは初めての事で。
 これもまた、神ゲー認定ですね。というか、そう、日本ゲーム大賞フューチャー部門、受賞に納得。
 ゲームの行く末が気になります。


 SAOによってVRMMOというゲームの未来の一端を知らしめられた昨今におきましては、近い将来、ゲームはゲームじゃなくなるんだろうな。と。
 きっと戦争もゲームみたいに行われるようになるのでしょうね。
 今も充分そんな感じですけど。
 生身を用いず、しかしそれに属する情報を懸けて。命を懸けて、というのは変わらず。

 ゲームが現実に取って代わるのは、いずれ遠くない未来なのだと思います。
 いや、マジで。


 というわけで、僕がブログも書かずに没頭していたのはゲーム。
 ゲームです。
 最低ですよね。小説でも書けば良いのに。

 そうそう。
 小説。
 最近書きたくて仕方ありません。
 家出少女をかくまう話を書きたくて。えろじゃないですよ?
 普通家出少女をかくまうとしたら、えろいことしなくちゃいけないと思いますけど、えろいことを書きたいんじゃないんです。
 というか、家出少女なんていういかにも、他愛のない性交渉には興味が無いのです。そんなね、釣り堀でエサを撒いてよってきた鯉をひょいひょい釣り上げるような、そんな性交渉になんの魅力もない。そういうのは犬猫猿のすることです。
 弱みにつけこむなら、その弱みさえも自分で演出して女の子を追い詰めるとか、そういうことしないとつまらないですよ。
 勿論、お話としてですよ?

 で、まあとにかく。
 小説も書きたい気持ちで一杯なわけですが、どうにも、こうにも。
 ゲームが面白すぎて。
 本も読まなくちゃいけなくて。
 小説にいざかかろうという気持ちが中々でなくて。
 ホントに、だらだらやっているしょうもない物書きだなと思いますけど。
 それでも、こうして価値観というか、世界観をぐらぐら揺さぶられちゃうと、なまじっか小説を書くときのような客観的な自分になるのは惜しくって。
 今はちょっと頭蓋の中をかき混ぜてもらおうかと。


 一週間ぶりくらいのブログ更新ですが、相も変わらずこんな愚にもつかないブログです。
 よく、公に発信するためのブログに、“読んでもらってなんぼの”ブログに、どうでもいい私事を載せ続けるのはナンセンスだという話を聞きますが、一応そのことに言い訳しておきますと、僕としてはこのブログは飽くまで自分の自己満足のために書いていて、こう言うと非常に嫌がられると思いますが、読んだ人がどう思っても構わないのですね。
 まあこれが机の中にしまった日記帳でなく、人の目につく記述だというのはわかっているので、多少その目にも気を使っていますが、それでもその目は本当のところ僕の中にしかないもので、となるとやっぱり僕自身の自己満足でしかないのですね。
 こうやって人目も気にせず気ままに自分の内面を書き表すということは、言ってしまえば日々刻々と変化していく内面のアウトプットな訳で、これも小説を書く上できっと効用をもたらすのだと信じて行っているのです。

 こうしてその時その時思った事をそのまま書いていって、後で見返して、自分の考え方、在り方を客観的に見つめ直して、修正していくと。
 机の中のオフラインな日記だとどうしても主観100%で、それだと内言語と変わりないので、やっぱりブログなわけですね。続かないですし。

 まあそういうわけで、明日からもきっとまた毎日本当にどうでもいい内容を綴っていきますよ。
 できるだけ面白いといいんですけどね。そうした方が、後で見返したとき、僕としても嬉しいですから。


 では、この辺で。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神無月六亜

Author:神無月六亜
物書きを目指してます。
ブログはやっぱり毎日更新が目標ですよね。

ツイッター kannazuki_rikua

小説家になろう
novelist
dNoVeLs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あくせすかうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR