FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊って居ると

 思いますか?
 僕はいないと思っています。
 同時にあるとも思っています。
 多分、見える人には見えるんでしょうね。
 見える、という知り合いには会ったことがありませんが。
 でも幽霊って、結局誰かと共有できる感覚ではないんですよね。
 ようするに、物理法則じゃない。
 精神的な存在ですよね。
 じゃあ実際にはいないんじゃないか。
 なんて言ってしまうのは早計に過ぎます。

 もしその物理的には存在しないものを、少なくとも二人以上の人間が認知できたとしたら、それは存在することになるのだと思いますよ。
 結局は僕たちが認識している世界っていうのは、全部脳内で作り上げられたものなんですよね。
 もちろんそれは外界から与えられた刺激をもとに作り上げられているのですが、結果的には脳内に出来上がっている。
 それなら脳内の情報に作為して、物理的には存在しないものを存在させたら、どうなるんでしょう?
 きっとそれは実在です。
 実存?といってもいいのでしょうか。

 まあ平たくいえば、仮想現実みたいなものなんでしょう。
 けれど仮想現実と大きく異なるのは、現実に非現実をプラスするということで、これは面白くないですか?

 そういう小説書きたいんですけども、ちょっと書けないですね。
 間違いなく長編になっちゃうんで。
 誰か書いてくださいよ。代わりに。



 さて、ブログのネタがぽんと浮かばなくなってきた今日この頃です。
 このブログを書いている今、実はSO4をやっている途中だったりします。
 創世の使徒とサタナイルのモンスターコレクションの分析率を100%にしたくて、スキップできないエンディングを傍らに流しながら、ブログを書いているわけです。

 いやー、面白い。
 SO4はシステム面からすればかなりの名作ですよ。
 シナリオはあれですね、SOシリーズのスピンオフみたいな感じで、まあ期待するところじゃない、ということで。

 でもレイミ可愛いです。
 エナミカツミ氏の絵は最高です。
 正直に言えば、SO4を買ったのはエナミカツミ氏のレイミのイラストが超絶可愛かったからなのですよ。
 でも結果的には、戦闘のシステム面でこそ、このゲームの価値は語られるべきですね。

 楽しい。
 まじ楽しい。


 というかエンディング長すぎ。


 では、この辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神無月六亜

Author:神無月六亜
物書きを目指してます。
ブログはやっぱり毎日更新が目標ですよね。

ツイッター kannazuki_rikua

小説家になろう
novelist
dNoVeLs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あくせすかうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。