FC2ブログ

駄作っていうのは

 観る価値がない、なんていうのは大きな間違いですよ。
 なんですか。駄作っていうのは名作ほどに大きな価値を持つのではないですか。
 価値のないものなんてない、とは言いませんよ。
 例えば僕。
 これは価値がない。もう絶望的です。
 しかしね、駄作というのは、みんなが糞だカスだと言うもの、これは絶大な価値を持ちます。
 そもそも名作ってのはなんですか。
 大衆の欲求を満たすものですか?
 違いますよ。
 人を人たらしめるものじゃないですか。
 つまり、心を動かしたり、思考を働かせたり、あるいは身体を突き動かしたり。
 人によくも悪くも活力を与えるものですよ。
 影響を与える、と言ってもいいかもしれません。
 その意味で、駄作というのはこれは非常に大きな影響を与えます。
 駄作を掴まされたとき、どう思いますか。
 ちくしょー、なんてつまんね-、馬鹿にしてんのか、と。
 まあそこで終わったら価値がないかもしれませんね。いや、作品ではなく、その人が。
 なにがつまらない? なにが気にくわない? なにが足りない?
 これは同時に名作と呼ばれるものを探求するに等しい行為です。
 駄作にないものが、備わっているものこそが、名作じゃないですか。
 勘違いしちゃいけませんよ。
 世の作品は、なにも(快楽)欲求を満たすために存在するのではないこと。
 もしもですよ、作品が(快楽)欲求を満たすためのものに過ぎないとしたら、それは人がただの獣に過ぎないということになっちゃいますよ。
 そんな反射的な生き方をするのは、僕は人に認めませんよ。

 ちなみに、名作=良作=秀作=傑作として、考えました。


 今日はかなり激しいことを言っています。
 本当はこんなこと言っちゃいけないんです。
 正直、僕も心から思っていることではありません。
 ただ最近、僕の耳にあまりに多く“あれがつまらない”“あれはくだらなかった”“あれにかかずらわってしまったことを後悔している”みたいなことが入ってきて、それがとても許せなかったので、こんな誰も見ていないところで発憤しておきました。
 こういうことって、友人に言ったところでさえ苦笑いされて終わりですから、こういう場所でしか、表せる場所がないのです。
 惨めなやつだぜ。
 だめですね。
 自己肯定感が低すぎて卑屈になってます。
 しっかりしろ、と自分に言いたい。


 さて、書きたいこと書いてすっきりしたところで、今日も終わり。
 ちょっとブログに載せられそうなネタができたので、近々書いてあげられそうです。
 まあ誰も見ないはずと、信じておりますが。


 この辺で。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神無月六亜

Author:神無月六亜
物書きを目指してます。
ブログはやっぱり毎日更新が目標ですよね。

ツイッター kannazuki_rikua

小説家になろう
novelist
dNoVeLs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あくせすかうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR