FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫する

 淫してみました。
 ちょっとずつ読むつもりだったんですけれどね。
 気がついたら一気に読んでしまっていました。

 はい。
 そうです。
 米澤穂信『インシテミル』
 いやー、すんごく面白かったです。
 僕ってこういう作品好きだったんだー、って思うような、湿っぽくもなく、陰鬱でもなく、高尚でもなく、示唆に富んだものでもない、極めてあっさりとした内容。
 純粋に推理を楽しむように出来ている作品。

 性的な陰もなく、愛憎入り乱れるわけでなく、人の胸中に空いた暗がりを描くでもなく。
 事件があり、それを推理していく。
 なんて。なんて楽しいんだ。

 読み終わった後のこの心地よさ。
 こんな感覚が嘗てあっただろうか。

 はあ。
 ああああ。
 たまらないですね・・・。

 あ、でもあんまりおすすめはしないと思います。
 読んだらきっと楽しいよ、って感じで、だけど是非読んで読んだらきっと君の人生変わるよ! っていうのじゃない。
 飽くまで 楽しいよ っていうこと。

 ちょっと例えは悪いかもしれませんが、ギャグマンガを読む感じ。
 お腹を抱えて笑い転げる代わりに、そうか! なるほど! その線があったか!! ちっくしょー思いつかなかったぜー! ってなる感じ。


 いやああ。楽しかった-。
 うみゅううううう米澤作品をもっと読みたいー! けどあと残りは折れた竜骨とボトルネック。それと短編集が一つ。
 大事に、大事に読まなければ・・・!



 さて。
 ですね。
 次に控えますは、漱石の坊っちゃんとそれから。
 新年度が始まったということで、原点回帰的な。
 僕がまともに小説を読むようになったのは、中学の頃にこころを読んでからなのです。
 それから何度も何度もこころだけは読み返していて(書き写しも途中までですがしたことも)、だから読書があんまり好きでない僕のほとんど唯一といっていい、好きな小説なのです。
 坊っちゃんも一度は目を通してあるのですが、改めて読み直してみたくなったので、坊っちゃんを読もうと思います。
 いや、改めてこころをもう一度読み返してからというのも悪くないな?
 まあとにかく。
 漱石っていいですよね。
 読みやすい上に、あんなにいい文章なのだから。ああ。楽しみ。



 さて、さて。
 書くことも他に無いので、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神無月六亜

Author:神無月六亜
物書きを目指してます。
ブログはやっぱり毎日更新が目標ですよね。

ツイッター kannazuki_rikua

小説家になろう
novelist
dNoVeLs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

あくせすかうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。